ウーバーイーツの武藤友木子さんがカンブリア宮殿に出演!年齢や経歴は?

経営者

急成長を遂げる飲食業界の「黒船」ウーバーイーツの責任者である

武藤友木子さんがカンブリア宮殿に出演です。]

スポンサーリンク

コロナで外出を控える人が増えた都市部では、

大きなリュックを背負って自転車で配達する人が増えましたね。

そんな、消費者と飲食店と副業で仕事を探している配達員の3者を上手くマッチングした

急成長のビジネスモデルの責任者の経歴はどんなのものなのか?

興味が湧いて色々と調べてみました!

武藤友木子さんの経歴

武藤友木子(むとう ゆきこ)

東京都国立市出身

・出身校:雙葉中学校→雙葉高校→国際基督教大学(ICU)教養学部 社会科学科
・年齢:46歳(2021年1月現在)

国際基督教大学(ICU)教養学部 社会学科を1998年に卒業後

アクセンチュア株式会社に入社。

2000年に25歳でインターネット企業を設立し、その9ヶ月後、楽天株式会社へ売却。

2007年トラベルズー・ジャパン株式会社代表取締役社長に就任。

その後OpenTable株式会社代表取締役社長に。

2017年にはグーグル合同会社の新規顧客開発日本代表に就任。

2018年からUber Eatsの日本代表と現在に至る。

武藤友木子さんが手掛けるウーバーイーツとは?

コロナの影響で苦戦の外食産業にあって、業績をぐんぐん伸ばしているのが「フードデリバリー」

その業界で国内トップに君臨するのが、アメリカに本社を持つ「ウーバーイーツ」です。

2016年に日本に上陸してから、わずか4年で32都道府県に及び、

提携店舗は7万店と急拡大しています。

スポンサーリンク

そんな武藤友木子さんがカンブリア宮殿に出演!

今までは20代〜30代のおひとりさま利用が多かったが、

緊急事態宣言が出されてからは、家族全員が在宅になって

「1日3色すべてを家事で賄うのが大変!」という

ファミリー層まで利用が拡大したそうです。

コロナの情勢の中、外食産業が低迷する中、

古今奮闘するウーバーイーツとその舵取りをする武藤友木子さんから

目が話せませんね!

 

番組を見てお腹が空いたら

みなさんも早速ウーバーイーツ頼んでみましょう!

ubereats.com

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました